メインメニュー

情報ネットワーク学科の学習・教育目標

情報ネットワーク学科で養成する人材

インターネットに代表される世界規模の情報ネットワークの発展は,産業・経済・科学技術・教育・娯楽などの分野を問わず,あらゆる面で社会の急速な変革をもたらしている.その発展の原動力となる情報ネットワーク技術の中核には,情報科学・情報工学の基礎技術,ネットワークの設計・開発の技術,ネットワークを利用した応用システム構築の技術,ユーザとのインタラクションを考慮したマルチメディア・インタフェースの技術がある.これらの技術は,日々新たな技術が生み出され,実用化され一般に普及していく速さも飛躍的に高まり,移り変わりも激しくなっている.

このような情勢を鑑み,情報科学部情報ネットワーク学科は,変化の激しい科学技術社会に対応でき,次世代の情報ネットワーク社会の実現を担う未来志向のネットワーク技術者・ネットワーク応用技術者の育成を目的に設置された.

科学技術の激しい変化に対応できる人材とは,確固とした基礎教養・技術を修得し,自発的に情報収集・問題発見・問題解決を行う能力を有し,継続的に自己を高めていく姿勢をもつ人材である.このような人材を育成し,社会に送り出すことを目標として,千葉工業大学の建学の精神である「世界文化に技術で貢献する」に則り,教師と学生が学びの活動を共有しながら,自ら問題に取り組み,創造的に解決していく学びの姿勢を身につけられるよう教育をおこなっていく.

教育の特徴と教育課程

教育体系は大きくは2つに分けられ,基礎としてどの分野にも共通して必要になってくる基礎知識・技術をまとめた「基礎・基幹分野」,幅広く展開されている情報技術の中から情報ネットワーク技術と結びつく応用的な知識・技術をまとめた「展開分野」から構成されている.

まず基礎・基幹分野では,基礎数学や情報理論などの情報科学の基礎知識や電子回路・論理回路などハードウェアの基礎知識,電子計算機,システムソフトウェア,アルゴリズムなどの情報工学技術の基礎技術を修得する. さらに,展開分野の科目を次の3分野に整理・系統立てていくことで,多面的な視点を有するネットワーク技術者・ネットワーク応用技術者の育成を行う.

  1. ネットワークエンジニアリング分野
  2. アプリケーションシステム分野
  3. ディジタルコミュニケーション分野

ネットワークエンジニアリング分野では,ディジタル通信, LAN,広域ネットワーク,ネットワーク応用など,ネットワークを設計・開発するためのネットワーク工学の基礎技術の教育を行う.アプリケーションシステム分野では,データベース,分散処理,ソフトウェア工学,知識工学など,ネットワーク上に新しい分散応用システムを構築するために必要となる技術の教育を行う.ディジタルコミュニケーション分野では,マルチメディアシステム,コンピュータグラフィックス,音響科学,デザイン科学,認知科学などネットワークを介したユーザの観点を取り入れたインタフェース関連技術の教育を行う.

コースの特徴と学習・教育目標

下記情報は,2015年度までの入学生を対象とした情報で,2016年度以降には変更の可能性があります

2015年度までの入学生は,このように整理された教育体系に対し,学生は,2つのコースに分かれて科目を選択・履修していく.2つのコースとは,情報ネットワーク分野における専門性を高めた情報通信社会の基盤技術を支えるネットワーク技術者を目指す「ネットワークコース」と,ネットワークを活用した幅広い分野に対応できる応用能力を有する技術者を目指す「メディア情報コース」である.両コースに共通する学習・教育目標は次のとおりである.

目標A 情報ネットワークに関わるネットワーク工学分野,コンピュータ応用分野および情報コンテンツ分野の基礎知識とそれを応用する能力を身につけている.
目標B 情報科学に関連する数学および自然科学を中心とした教養を有し,論理的かつ柔軟な思考力を身につけている.
目標C 自己表現および他者理解に必要なコミュニケーション能力を有している.
目標D 与えられた課題を解決するために,必要な情報を収集し,計画の立案・推進を行う能力を身につけている.

さらに,ネットワークコースの学習・教育目標に,次の目標が加わる.

目標E
ネットワークコース
情報ネットワークが社会に及ぼす影響を考えることができ,情報ネットワークに関する技術に対して,技術者としての社会的責任を自覚しながら,専門的な見方や高度な処理を工夫する能力を備えている.

同様に、メディア情報コースの学習・教育目標に,次の目標が加わる.

目標E
メディア情報コース
情報ネットワークが社会に必要とされる事項を把握し,広い視点から培った情報関連技術を活用する能力を備えている.

それぞれのコースにおいて,知識・技術の修得を効果的に行うため,仮想計算機環境ベースの高度なコンピュータ演習室を中心とした演習・実験が用意されており,情報リテラシ演習,Webプログラミング演習,ネットワークプログラミング演習,ネットワークプログラミング応用演習,Webシステム基礎実験,Webアプリケーション構築実験が週4時間1〜6セメスタにわたり開講されている.さらに,ネットワークコースでは,ネットワーク管理実習が7セメスタに開講されている.このように一貫した演習・実験により実践的な知識・技術を修得しながら,基礎・基幹および展開の各種講義を通じて,自ら学ぶ姿勢を身につけていくことが教育の特長である.


2007年度入学生のみなさんに対して配布を行ったコース分けに関する説明資料はこちらです.


  Copyright © 1998-2011 by NS-CIT. All rights reserved.