メインメニュー

よくわかる!情報ネットワーク学科について

情報ネットワーク学科ではなにができるの?

ふきだしの表示

情報ネットワーク学科って,名前だけからは何をするのところなのかよくわからないんだけど……なにをできるところなの?

端的に言えば,「情報」にまつわるコンピュータ技術・ネットワーク技術・コミュニケーション技術を学んでいくことになります.

今,このWebページを見ているということは,目の前のコンピュータはネットワークを介してここの情報をとってきた……そういうことですよね.このWebページは千葉工業大学の中にあるコンピュータに置かれています.つまり,家でみている人も,学校で見ている人も,遠く離れた(?)コンピュータから情報を取り寄せているわけです. この瞬間にも,インターネットなどを通じて,様々な場所で様々な人やコンピュータが様々な情報をやりとりしています.このように,「現在」は,「情報を処理するコンピュータ」「情報をやりとりするネットワーク」「情報を利用したコミュニケーション」なしには,成り立たない時代になっています.

情報ネットワーク学科では,このような「コンピュータ」「ネットワーク」「コミュニケーション」に関わる基礎的な知識・技術から先端テクノロジにもつながる応用・発展までを勉強することになります.より具体的に,情報科学に関わるテクノロジの中で,「アプリケーションシステム」「ネットワークエンジニアリング」「ディジタルコミュニケーション」の3つの領域に重点を置いて,様々な授業が開かれ,研究が行われています.(学科カリキュラムのページ

重点を置いている3つの領域

ふきだしの表示

情報ネットワーク学科で重点を置いている3つの領域って,一体何?

「情報科学」に関わる知識・技術はたくさんあり,大学の4年間という限られた時間の中で,それらをバラバラに勉強することは非効率ですし,大変なことです.そこで情報ネットワーク学科では,これから情報化社会が発展する方向にあわせ,それら「情報科学」に関わる知識・技術を3つの領域に整理して,カリキュラムを構成し,研究活動を行っています.3つの領域にはそれぞれ名前をつけています.それが「アプリケーションシステム」「ネットワークエンジニアリング」「ディジタルコミュニケーション」です.

3つの領域はそれぞれ,次のようにまとめられています,

アプリケーションシステムの観点

アプリケーションシステムの領域では,ネットワークを介して相互につながっているコンピュータに焦点をあてています.そのような環境のもとで動くソフトウェアや情報システムを開発するために必要な知識・技術を勉強していきます.
「プログラミングの経験がちょっとあるんだけど,もっと高度なものをコンピュータで作ってみたいな」「Webでショッピングできるサイトって,どうやって動いているんだろ?」「将来はソフトウェア業界で働いてみたい」こんな興味・関心がある人は,アプリケーションシステムの領域を重点的に勉強していくとよいでしょう.

ネットワークエンジニアリングの観点

ネットワークエンジニアリングの領域では,コンピュータや情報機器をつなぐネットワークに焦点をあてています.インターネットなど様々な形態のネットワークを構築していくために必要な知識・技術を勉強していきます.
「インターネットでどうやって情報がやりとりされているんだろう?」「自宅でネットワークの接続を試したことがあるんだけど,もっと大規模なネットワークってのを作ってみたいな」「これからはユビキタス社会だって聞いたことあるんだけど,そんな社会に貢献できるようになりたい」こんな興味・関心がある人は,ネットワークエンジニアリングの領域を重点的に勉強していくとよいでしょう.

ディジタルコミュニケーションの観点

ディジタルコミュニケーションの領域では,コンピュータと人との情報のやりとりや,ネットワークを介した人と人との情報のやりとりに焦点をあてています.コンピュータやメディアを使って人のコミュニケーションを円滑にするシステムを開発するために必要な知識・技術を勉強していきます.
「CGや音響について理論的・技術的なことを勉強してみたいな」「ネットワークを通してリアルな感覚を伝えられるようなコミュニケーションの道具を作りたい」「マルチメディアの技術を身に付けて,それを活かしてみたい」こんな興味・関心がある人は,ディジタルコミュニケーションの領域を重点的に勉強していくとよいでしょう.

(関連情報:3つの重点領域と情報技術・情報産業との関係(学科コンセプト図))

情報系の他の学科とどこが違うの?

ふきだしの表示

「情報○○学科」とか「○○情報学科」って色々なところにあるんだけど,「情報ネットワーク学科」と,どこがどういうふうに違うの?

情報技術の進展と様々な学科との比較

「情報」と名のつく学科は色々なところにあります.それらの学科と「情報ネットワーク」学科の違いは何でしょうか?

う〜ん,と考えこむ前に,ちょっと落ち着いて考えてみましょう.それぞれの学科でやれることが,現在の情報化社会・情報技術の中のどんな部分と結びついているのでしょうか?

まだ難しいですか?では,情報技術がどのように進展し,今後どうなっていくと期待されているかを考えてみましょう.右の図にあるとおり,最初,情報の技術は,「電気」や「電子」の世界を中心に立ち上がってきました.スイッチのオン・オフを使った計算機などは,大きくて性能も限られたものでした.このような計算機も半導体技術が導入されるに従い,小型化し,やがて一人一人の人が手軽に使えるコンピュータとなってきました.高機能なコンピュータの出現は,私たちの生活に入り込んで「情報化社会」を形作ってきました.
そこから先,何が起こったでしょうか?一台のコンピュータが単体で動いている時代の次にきたのは……そう,ネットワークの普及です.現在の「情報化社会」の基盤にもなっているのは,「情報ネットワーク」によって相互に接続されたコンピュータです.

「情報ネットワーク学科」と,他の「情報」の名がつく学科との違いはなんとなく見えてきましたか?そう,情報ネットワーク学科は,現在から将来にわたる情報技術を扱う学科です.つまり,「未来の一歩手前にある」もしくは「未来を先取りする」学科とも言えるでしょう.

「情報ネットワークの技術」は,今後の情報化社会の発展に欠かせないものです. そのような未来の情報化社会で活躍できるための知識・技術を基礎から応用までを,この「情報ネットワーク学科」で学べます

教育・研究の環境(1) 演習室環境

ふきだしの表示

情報ネットワーク学科では,どんな環境で勉強しているの?

WS演習室の様子

情報ネットワーク学科では,1年生のうちからプログラミングを主体とした演習の授業が行われています.2006年度より,180台以上の計算機をネットワークでつなげ,その上で仮想計算機環境(Virtual Machine)を自作し,自由に設定・操作できる「津田沼コンピュータ演習室3」を利用した演習が行われています(詳細はこちら「NS学科イチオシ!情報」へ).これほど大規模に仮想計算機環境を取り入れた演習室は,世界的にも珍しく,これからの新しいコンピュータ演習環境として注目されています.
また,講義形式の授業の中でも,「津田沼コンピュータ演習1」「津田沼コンピュータ演習室2」を利用し,「講義で教わる知識」と「コンピュータ上での実習」を組み合わせて,より実践的・効果的な学習が行えるよう工夫をしています.
さらに,情報ネットワーク学科では,全学的なe-Learning環境を積極的に取り入れた授業を行っています.このようなシステムによって,講義内に感じた疑問や感想を掲示板を通じてやりとりしたり,レポートの提出や講義に関する情報を見るなど,インターネットを通じて,演習室や自宅から行えます.(関連情報:特色ある大学教育支援プログラム)
大学のコンピュータ演習室に関しては,大学のホームページに情報が記載されていますので参照してください.(大学のコンピュータ演習室

教育・研究の環境(2) 特色のある教育・研究環境

ふきだしの表示

じゃあ,「情報ネットワーク学科ならでは」っていう環境はあるの?

もちろんありますよ!
情報技術の流れを追い続けるためには,より新しく高度な技術を体感していくことが求められます.そこで,情報ネットワーク学科は「アプリケーションシステム」「ネットワークエンジニアリング」「ディジタルコミュニケーション」それぞれに「特色のある教育・研究環境」を整備しています.では,それらの一部をご紹介しましょう.

モーションキャプチャ

例えば,ディジタルコミュニケーション分野の特色ある教育・研究環境の一つにCGやマルチメディアの製作に使われる「モーションキャプチャシステム」があります.2008年2月に導入された最新の光学式モーションキャプチャシステムにより,自分で作成したキャラクタを,簡単・滑らか・リアルにCG空間上で動かすことが可能となります.(ここをクリック!で詳細説明)

アイトラッカ

また,人の感覚の側面をシステムに反映させるシステムとして「触覚インタフェース」や「アイトラッカ」があります.これまでは簡単には扱えなかった「触覚」や「視線」を利用することができ,ユーザに負担をかけずに,より直感的で柔軟なインタフェースの開発が可能となります.

入試の特徴に関して

ふきだしの表示

情報ネットワーク学科を受験するとして,どんな入試があるのかな?自分にあった試験の区分ってあるの?

千葉工業大学の入試に関する情報は,大学のWebページに詳しく記載されています(大学の入試関連のページ

色々な形態の入試がありますが,大別すると「AO創造入試」「推薦入試」「一般入試」に分けられるでしょう.特徴的なのは,「AO入試」や「自己推薦」といった「自分の特徴を評価してもらえる」という入試制度があることです.コンピュータやネットワークに関わる知識・スキルに自信がある人にはぜひチャレンジしてもらいたい入試になっています.次のことにあてはまる人がいたら,「AO創造入試」や「自己推薦」を使って,アピールをしてみてはいかがでしょうか.

千葉工業大学の平成27年度AO創造入学試験の入試に関する詳細はこちらのページを参照してください.また


  Copyright © 1998-2011 by NS-CIT. All rights reserved.